相続税の申告は税理士に

■ 適切な処理を行なうために

遺言の相続、遺言の実行、それに関わる税金、名義変更などは、法的な手続きが必要です。
ですから、自分だけの判断で、不適切な処理になってしまったら大変です。
そんなときに力を貸してくれるのが専門家です。
正式に依頼する前に、とりあえず相談にのってもらうのが得策です。
相談するときは、関係資料を整え、質問事項をメモしておくと効率よく話が進みます。


■ 税金の心配がある場合には税理士に相談を

相続税の申告の際、法律的な特例を最大限に活用しながら節税する方法を教えてくれるのが税理士です。


■ 税理士に依頼できる主な業務

依頼できる主な業務としては、税金に関する申請や申告などの、諸手続き業務の書類の作成や相談などです。


■ まずは気軽に相談を

相続税や贈与税がかかるのかどうかを知りたい場合には、気軽に税務相談をしてみましょう。
できれば、知人に紹介してもらうのがよいでしょう。
企業会計専門で、相続税の申告はほとんど扱っていない人もいるので、相続税や贈与税の申告を頼んだことのある税理士を紹介してもらうのが望ましいでしょう。