葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れについてご説明いたします。

葬儀の流れ
葬儀まめ知識
■服装
 

遺族や近親者は、正式の喪服を着用しますが、その他の一般弔問客は略式の喪服でよいでしょう。男性はダークスーツに黒ネクタイ、黒の靴下。 女性の場合、黒のワンピースかツーピースが一般的です。アクセサリー類は光るものは避け、パール、ブラックパール、黒珊瑚などを。

子供は、白いシャツに紺やグレーの服、学生の場合は制服でよい。

■焼香・仏式
 

左手に数珠を持ち、霊前の祭壇少し手前で、僧侶・遺族に一礼。

祭壇の前で、両手に数珠をかけて一礼し、合掌します。

抹香(粉末状の香)を右手の親指・人さし指・中指でつまみ、頭を垂れるようにしたまま目のあたりの高さまで捧げる。

抹香を静かに香炉の中に落とす。これを1~3回繰り返す。

焼香が済んだら合掌。遺影の方を向いたまま3歩下がり、僧侶・遺族に一礼、向きを変える。

■玉串を捧げる・神式
 

神職から玉串を受け取る。右手で上から枝元を持ち左手で下から葉先を支える。

玉串を胸の高さに捧げて玉串台へ進み、右へ90度回して正面に構えます。

祭壇の前で左手を枝元に持ち替えて右手は葉先の方へ移し、右へ180度回転させて、葉先を手前にして台に捧げる。

二礼し、音を立てず二拍手(忍び手)し一礼。更に2~3歩下がり神職・遺族に一礼します。

 

■献花をする・キリスト教式
 

用意されている花を、花が左になるように両手で受け取る。

花を胸の高さで両手に持ち、献花台の前に進んで一礼。

花が手前に来るように回し、両手で献花する。

2~3歩下がり一礼して遺族に一礼。

 
 

▼ 加盟団体

 
 
 
 
 

■イオン特約葬儀社